TYPE

CMS実装

自社での更新や運用を容易にするCMS。
ツールを現場で定着させるためには運用方針を踏まえた実用的なカスタマイズが重要です。

CMSはHTMLやCSSなどのWeb制作のスキルを用いずにWebサイトを簡単に更新することができます。
しかし、むやみにCMSを導入しても、「結局使えなった」「必要な部分が更新できない」といった宝の持ち腐れになってしまうケースもあります。
Webサイトの目的や社内運用体制なども踏まえて、適切にCMSを導入することが重要です。

CMS実装のメリット

専門知識を用いずに簡単にWebサイトを更新できる

Webサイトの更新にはHTMLやCSSといった制作に関する専門知識やFTPなどのサーバに関する専門知識が必要です。しかし、CMSは基本的にHTMLなどの専門知識を用いずに、ブラウザ上から直観的に操作できるようになっています。

一度に複数箇所の更新ができるため、運用の労力や人的ミスのリスクを削減できる

CMSの実装されていないWebサイトは、基本的には更新の際に更新が必要なファイルに更新を加えていく必要があります。更新箇所によってはたとえ1箇所の更新でも複数のファイルに更新を加えなければいけない場合もあります。更新量に応じて更新にかかる労力が増えるため、同時に人的ミスのリスクも増加するといえます。

しかし、CMSの場合は、基本的に一度の更新で複数個所を同時更新することが可能です。つまり、CMSではないサイトに比べると、運用の労力の軽減と更新ミスのリスクを軽減できるといえます。

クオリティの属人化を防ぎ、品質の維持がしやすい

CMSを用いてWebサイトを更新する場合、ある程度管理画面の構造に則って情報を入力していくことになります。また、CMSは予め定められたビジュアルやレイアウトのルールに従い、入力された情報をWebサイト上に出力します。つまり、誰が更新を行ったとしても、管理画面に従って更新をすれば、全て同じルールが適用され、一定の品質の情報が出力されます。これにより、スタッフの経験値の差による品質の変動が防げ、Webサイトの品質も保ちやすくなります。

CMS実装のデメリット(注意点)

管理画面の操作方法を学ぶ必要がある

CMSは簡単にWebサイトを更新することができます。しかし、人がツールを用いることには変わりませんので、基本操作を学ぶ必要はあるでしょう。また、担当スタッフが変更になる場合には、その都度、操作方法を引継いでいく必要があります。これらの労力を少しでも軽減するためには、早い段階で更新マニュアルを作成しておくことが重要です。マニュアルを整備しておくことで、人員の変動の際に、マニュアルを用いてスムーズに更新内容の習得や引継ぎができるようになります。

私たちはCMSの実装だけでなく、操作マニュアルの作成や操作サポートも承っております。安心してCMSを実装をお任せいただければと思います。

管理画面を適切にカスタマイズしなければメリットを得ずらい

ほとんどのCMSは即座に使用可能ですが、標準の状態では十分なメリットを得られません。CMSを適切に用いるためには、管理画面に入力した情報がWebサイトのデザインやコンテンツに合わせて、適切に出力されるように設計する必要があります。CMSに精通していないWeb制作会社の場合は、CMSを適切に設計せずに実装してしまう場合もあります。CMSは適切に実装しなければ十分なメリットを得ることはできません。Web制作会社のCMSの理解度には十分に注意しましょう。

通常のWeb制作より高額になる場合がある

CMSが実装されたWebサイトを制作する場合、大抵は通常のWeb制作よりも高額になります。これは、通常のWeb制作の後にCMSを実装する作業やCMSを設計する作業が生じるためです。そのため、初期費用の増額コストと運用によって得られる利益の費用対効果を踏まえながらCMSを実装すべきか判断する必要があります。少なくとも常に更新し続けるような運用を前提としていない場合は、宝の持ち腐れでしょう。

例えば、通常のWebサイトの更新のために専門知識を持った高額の技術者を雇うより、CMSを実装して、いま在籍しているアルバイトスタッフで更新ができるようにする。という考え方であれば費用対効果の算出もできますし、おそらく費用対効果も高いといえるでしょう。

定期的にアップデートを行う必要がある

フリーのものを中心にCMSにはセキュリティを高めたり、システムを正常に可動させるために定期的なアップデートが必要になります。多くのCMSはサーバ上に存在している場合がほとんどですので、アップデートを怠るとセキュリティのリスクが高まってしまいます。セキュリティのリスクを軽減させるためにもアップデート情報には十分に注意を払う必要があるといえます。

私たちはCMSの保守も承っておりますので、保守を自社で行うのが難しいお客様は、私たちにCMSの保守・運用もお任せいただければと思います。

CMSによっては技術的制約がある

CMSは国産、海外産、フリー、有料様々なものが存在します。全てに特長があり、予算や自社の運用方針に沿って、正しく選択することが大切です。特に技術的制約には注意が必要です。例えば、国産パッケージ系CMSに多いのが、CMSの仕様が優先で、WebサイトをCMSの仕様に合わせて構築する必要があるものです。このようなCMSは価格が安価であったり、操作性に優れている反面、Webサイトの構造を強制されたり、新たな機能を付加できない場合があります。

許容範囲であれば問題はありませんが、Webサイトを理想の構造にできない場合や、継続的に新たな機能を設けていきたい方には適していないかもしれません。

このようにWebサイトの構造や運用方針を考慮してCMSの選択にも注意を払う必要があります。私たちは様々なCMSの実装実績がございますので、適切なCMSのご提案もお任せいただけます。

WebサイトにCMSを実装する検討ポイント

前述の通り、WebサイトにCMSを実装する場合、通常のWeb制作よりも高額になる可能性があります。無暗にCMSを実装するのではなく、Webサイトの運用方針を踏まえてCMSの実装を検討するようにしましょう。

継続的な運用を前提としているか

まずそもそもWebサイトを継続的に運用していく前提であるかの確認が必要です。継続的なWebサイトの運用は視野になく、散発的な更新のみが想定される場合は、CMSの必要性は高いとは言えません。逆に継続的な運用を前提としている場合は、CMSを実装するメリットは十分に考えられます。

Webサイトの運用に割ける人的リソースがあるか

Webサイトの運用に人的リソースを割けるかという点もCMS実装の検討ポイントになります。例えば、社内のスタッフが忙しくてWebサイトの更新や運用に時間を充てられない場合、CMSを実装してもそもそも更新作業を行うことができません。たとえCMSを実装したとしても無駄になってしまう可能性があるます。もし人的リソースが無い場合は、CMSを実装するのではなく、アウトソーシングなど、別の方法で運用や更新を行うことを検討すべきでしょう。

Web制作やマーケティングに精通したスタッフが在籍しているか

Web制作に精通したスタッフが社内に在籍しているかも検討ポイントにあります。在籍している場合は、技術的な要件は満たせているため、究極で言えばCMSが無くてもWebサイトの更新や運用は可能です。

もしスタッフが在籍している場合は、CMSを実装することによる効率性や生産性をポイントに検討するとよいでしょう。例えば、散発的かつ限定的な場合はCMSを実装するメリットは大きいとは言えません。逆に日常的に更新がある、複数個所の連動更新が必要などの場合はメリットは大きいでしょう。

一方、運用を前提としながらも専門知識を持ったスタッフが不在の場合は、そもそも技術的要件を満たせていませんので、CMSを実装する必要性は高いと言えます。しかし、予算次第では運用そのものをアウトソーシングすることも可能ですので、外注か内製か?という点でも検討する必要があります。

本当に重要なことはツールの導入ではなく運用方針を定めること

私たちは他社で制作されたCMS実装のWebサイトをたくさん見てきました。その多くはパッケージタイプのCMSでしたが、大半のWebサイトは制作完了と同時に放置されている状態でした。

お客様に放置されている理由を訪ねてみたところ、「自社で更新できるようにCMSを実装したものの何を更新すればわからない」という状態でした。

CMSはWebサイトの更新や運用を簡易化してくれるとても便利なツールです。しかし、CMSはあくまでツールに過ぎません。CMS以上に大切なことは運用方針を定めることです。どのような目的を達成するために日々どのような更新をおこなっていくのか?この方針が明確でなければ、たとえCMSを実装したとしても成果を得ることはできません。

POINT

私たちはCMS実装のみならず、
マーケティングや採用活動の一貫として、Webサイトをどのように活用、運用していくのか?
という視点でご提案を致します。

私たちはWebサイトを制作はもちろん、運用についてもご提案、ご支援が可能です。
Webサイトの運用について、お困りの方はぜひ一度ご相談ください。

目的別サービス紹介

コーポレートサイト制作

企業情報、製品情報やサービス情報などを掲載する、企業にとって最も基本的なWebサイトであるコーポレートサイトを制作します。

採用サイト制作

企業の理念、求める人物像、業務内容、キャリアプランやメリットなど、求職者向けの情報に特化した採用サイトを制作します。

サービスサイト制作

製品、サービスやブランドに合わせて、デザインやメッセージを特化させたサービスサイトを制作します。

オウンドメディア制作

お問い合わせ・リード獲得、リード育成やブランディングなど、BtoB企業のビジネスに貢献できるオウンドメディアを制作します。

ランディングページ制作

リスティング広告などの運用型広告の遷移先となる、訴求力の高いメッセージやデザイン表現のランディングページを制作します。

Webシステム開発

不動産サイト、求人サイトや会員サイトなど、動的なコンテンツを要するWebサイトやシステムを開発します。

スマートフォン対応

レスポンシブウェブデザインやスマートフォン専用サイトの制作など、サイトの種類や目的に合わせて、最適なスマートフォン対応を行います。

CMS実装

WordPressを中心に自社でWebサイトの運用を簡易化、効率化させるCMS(更新ツール)を実装したWebサイトを制作します。

お問い合わせ

Web制作に関するお悩みがある方は
お気軽にご相談ください。

300社以上の実績と経験を持つ私たちのノウハウがきっとあなたの会社のビジネスに役立つはずです。

TEL 03-5981-9333

平日 9:30〜18:30

無料出張相談

実際に会って詳しい話を聞きたいという方向けに
無料出張相談を承っております。
こちらのフォームからお申し込みください。

ご相談・お問い合わせ

まずはメールで相談や見積り依頼をしたいという方向けに、
メールでのお問い合わせも承っております。
こちらのフォームからお問い合わせください。

キオミルブログ

キオミル株式会社のスタッフが日々の学びや社内のカルチャーなどを発信するブログです。