HOW TO

Web制作にかかる費用の考え方

Web制作の費用を構成する2つの要素

Web制作の費用は、主に2つの要素によって成り立っています。
ひとつは「戦略や企画の費用」もうひとつは「制作の費用」です。

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

戦略や企画の費用(考える費用)

Web制作にかかる費用の一つ目の要素が、戦略や企画の費用です。これは平たく言えば、私たちが「考える時間の費用」です。多くの場合、お客様はWebサイトを制作することが目的ではなく、別の達成すべき目標があると思います。例えば、問い合わせの獲得、採用マッチング率の向上などです。

これらの目標に向け、適切な調査や施策を検討するのが「考える時間の費用」にあたります。現在の状況と目標とのギャップが大きければ、それだけ目標達成のためのハードルは高いものとなります。そうなれば当然、Webサイトで実施する施策も増えます。場合によってはWebサイト以外の施策を実施する必要があるかもしれません。このように、お客様の目標を達成するためのプランを考える時間がWeb制作の費用を構成する要素のひとつとなります。

制作の費用(実行する費用)

もう一つはWebサイトを制作する費用です。
Webサイトをデザインしたり、ブラウザで閲覧できるようにプログラミングするための費用です。こちらは比較的イメージしやすいかもしれません。

制作するボリュームは大きくなればなるほど、制作に必要な時間も大きくなり、費用も比例して大きくなります。

また、制作ボリュームは達成したい目標の大きさや難易度の高さと比例して大きくなる傾向にあります。つまり、達成したい目標が難しくなればなるほど、制作するWebサイトの規模やWeb制作以外の施策が多くなり、そのぶん制作に要する時間も大きくなり、最終的な費用も大きくなります。

課題解決型のWeb制作は一律●●●万円とお伝えししづらいビジネス

私たちは沢山の企業からWeb制作のご相談をいただきますが、その多くは、Webサイトを制作すること自体は目的ではありません。Web制作の背景には、ビジネス上の課題があり、その課題をクリアするためにWebサイトを制作する考えがあります。

企業の抱える課題や置かれている状況は1社1社で異なります。繰り返しになりますが、達成すべき目標によって制作内容も費用も異なります。場合によっては、お客様の抱える課題をクリアするためにはWeb制作が最適な解ではないこともあります。
例えば、以下の2つの課題があったとしましょう。

課題1

Webサイトから見込客を
月に10件獲得したい

課題2

Webサイトから見込客を
月に100件獲得したい

どちらが大変なプロジェクトになるか、なんとなく想像はつくでしょう。

当然ながら「2.Webサイトから見込客を月に100件獲得したい」のプロジェクトの方が目標達成の難易度は高いと言えます。また、実施すべき施策も「1.Webサイトから見込客を月に10件獲得したい」よりも多くなります。

「1.Webサイトから見込客を月に10件獲得したい」の場合は、Webサイトを制作して、SEO対策を施せば実現できるかもしれません。しかし、「2.Webサイトから見込客を月に50件獲得したい」という目標を達成するためには、SEO対策だけでは不十分で、広告の出稿や多数のコンテンツ制作といった施策も組み合わせる必要があるかもしれません。

つまり、プロジェクトに必要な施策はお客様の達成したい目標によって大きく異なり、目標を達成するためにの施策が明確になって、初めて費用が分かる、というのがWeb制作の基本的な費用の考え方です。

このようにお客様の目標によって1社1社の制作内容が異なる以上、あらかじめ「Web制作●●●万円プラン」といった形で料金を一律にしておくことが難しいビジネスなのです。

Web制作の費用を算出するためには、目的を明確にする必要がある。

先に述べた通り、Web制作の費用は目標や目的が明確にならなければ正しい費用は算出できません。まずはお客様がWebサイトを制作したい理由を整理することから始まります。

例えば、以下のような問いを持ってみると分かりやすいでしょう。
・Webサイトから問い合わせを獲得したいのか?その場合、月に何件ほど獲得したいのか?
・採用の効果を上げたいのか?その場合、募集人数を集めたいのか?もしくはマッチング率を高めたいのか?

目標が明確になればなるほど、お見積りも正確に行えるようになります。
もちろん、ご相談いただく時点では、漠然とした目標になっていても構いません。私たちがヒヤリングのうえ、適切な目標の設定までご提案することも可能です。

Web制作の費用は高いのか?

私たちのWeb制作費用は、一般的なWeb制作会社よりも高額かもしれません。お客様から「結構高いね。」と言われることもよくあります。

しかし、ビジネスにおいて重要なのは費用対効果を見ることです。私たちは、効果の部分にきちんと向き合ったうえで、価格を設定しています。

例えば、Webサイトを50万円で制作したものの、ほとんど問い合わせを獲得できない場合は費用対効果が良いとは言えません。

一方で、毎月100万〜1000万規模の商談を、10件、20件と継続的に創出してくれる広告やマーケティング施策の場合はいかがでしょうか。たとえ50万円よりも高額だったとしても、費用対効果が高く、優れた発注といえるのではないしょうか。

このようにWeb制作の予算も、額面だけで判断することはオススメしません。マーケティング施策や営業支援の予算として、どれだけの効果が期待出来るのかという点で見ていただくと、費用の高い安いが判断できるのではないかと思います。

HOW TO

Web制作が初めての方へ

「Web制作に初めて関わることになり、何をすれば良いか分からない」といった方に向けて、Web制作の基本的な知識や、発注先選定の際に気をつけるべきことをまとめています。

お問い合わせ

Web制作に関するお悩みがある方は
お気軽にご相談ください。

300社以上の実績と経験を持つ私たちのノウハウがきっとあなたの会社のビジネスに役立つはずです。

TEL 03-5981-9333

平日 9:30〜18:30

無料出張相談

実際に会って詳しい話を聞きたいという方向けに
無料出張相談を承っております。
こちらのフォームからお申し込みください。

ご相談・お問い合わせ

まずはメールで相談や見積り依頼をしたいという方向けに、
メールでのお問い合わせも承っております。
こちらのフォームからお問い合わせください。

キオミルブログ

キオミル株式会社のスタッフが日々の学びや社内のカルチャーなどを発信するブログです。