HOW TO

ホームページ運営

はじめての方へ

製造業のホームページに運用が必要な理由

製造業の大半は「そもそも知られていない」状態。

大半の中小・中堅の製造業は世の中で知られていません。
つまり、「そもそも誰もあなたを知らない」状態なのです。

製造業がホームページで継続的な成果を得るためには、見込顧客との接点を増やすために訪問者を増加させる必要があります。積極的にコンテンツを作成したり、情報発信したり、運用型広告を出稿するなど、訪問者を増やすための施策が必要なのです。

しかし、ホームページの訪問者はリリース後に瞬間最大風速が訪れて、その後、横ばいもしくは、徐々に減少していきます。つまりホームページを放置すれば、訪問者増加どころか逆に徐々に訪問者が減少し、比例して問い合わせも徐々に減少していく可能性すらあります。

訪問者の減少を防ぎ、逆に増加させるためにホームページの運用が必要なのです。

製造業のホームページはWeb担当だけでは運営できない

製造業のホームページ運用は現場スタッフとの連携が重要

製造業のホームページ運営では情報発信が重要と述べました。しかし、製造業のホームページ運用をサポートしていると、「何を発信すればいいのですか?」という質問を高確率で受けます。たしかに日々のランチや日記を発信しても良い結果は生まれません。適切な情報を発信することで良い結果が生まれます。
ではどのような情報を発信すればよいのでしょうか?

答えはやや乱暴ですが、「お客様に貢献できる情報」です。
お客様がビジネスの中で身に着けたノウハウを惜しみなく発信することが重要です。もちろん。世に出せないものもあるでしょう。しかし、エッセンスや一部は発信ができるはずです。

・どのようにコストダウンを実現したいか
・どのようにしてお客様の課題を解決したか
・お客様が知らないお得な情報やノウハウ

など、製造業であれば日々のビジネス活動の中で沢山のお客様の問題を解決したり、ノウハウを得ているはずです。これらをコンテンツにしてホームページに掲載するのです。

もちろん、このようなコンテンツはWeb担当者だけで制作するには限界があります。
最もノウハウや事例情報を把握しているであろう、現場の技術スタッフや営業スタッフと協力体制を敷くことがホームページ運用を成功させるために求められます。

製造業がホームページの運用を失敗してしまう原因

運営に必要な4つの要素を満たせない

製造業の運営を成功させるには4つの要素が必要です。1つは企画。そもそもどのような施策を実施するのか?を計画することです。2つめは素材です。
実施施策に必要な文章や写真などを集めることです。3つ目は制作(実施)。実際にページを制作したり、施策を実施することです。4つ目はマネジメント。企画、素材、制作はもちろん、素材や制作に伴って外部や別部署との連携が必要になることもあります。マネジメントはこれら全ての要素を管理する能力です。この4つの要素を満たすことは容易ではありません。多くの製造業はこの4つを満たすことができずにホームページの運営に失敗してしまうのです。

マンパワーとノウハウが不足している

製造業のホームページ運用を他部署との兼任スタッフに任せている場合、かなりの確率で運用に失敗します。
中小・中堅の製造業は多くの場合、マンパワーが不足しています。それ故に営業スタッフや総務、ITに詳しい方など、別の本業があるスタッフがホームページ運用を担っていることも少なくありません。しかし、このケースは経験上、ほとんど機能せず、ホームページは運用されずに放置されます。
理由は多くの場合、本業が忙しくてホームページ運用まで手が回らないというケースか、担当者がそもそもどのようにホームページを運用すればよいか理解していないというケースです。

パートナーをうまく活用することが成功の秘訣

ホームページは一部あるいは全てを外部パートナーに任せた方が成功する。

先述の通り、製造業のホームページ運用を成功させるには大きく4つの要素を満たす必要があります。しかし、これらを自社だけで賄うことはかなり難しいと言えます。
そこで、苦手な部分や、分からない部分などをパートナーに協力してもらうことで不足している部分を補えます。結果として運営の負荷を減らすことができるようになり、無理なくホームページの運用が可能になります。また、多少の予算の余裕があるのであれば運用を全て任せてしまうのもひとつの手です。

このように製造業は無理に内製するのではなく、うまく外部パートナーを活用することが成功の秘訣になります。キオモノでは運用サポートプランもご用意しておりますので、安心してホームページの運用をお任せいただければと思います。

MEMO

サーバ・ドメインの管理も忘れずに

ホームページの運営には「サーバ」「ドメイン」が必要です。
サーバはホームページのデータを格納しておく住所。ドメインはホームページの住所と言い換えられます。これらは自社でレンタルすることも可能です。しかし、サービスによっては毎年や毎月などの周期で料金を支払ったり、更新の手続きを行う必要があります。サーバやドメインの更新をうっかり忘れてしまいますと、ホームページが消えてしまい、メールもできなくなってしまう危険性があります。

自社で管理するのが面倒、忘れてしまいそうという方はキオモノで管理代行を承っておりますので、ホームページの制作や管理と合わせてお任せいただければと思います。

●●のホームページ運営に関するサービス内容

自社でホームページを運営することが難しい方やサーバ、ドメインの管理が面倒な方向けに 運営サポートサービスも充実しております。運営まで安心してお任せください。

運用代行サービス

ホームページの効果の持続、最大化を目指した更新代行、
SEO対策、広告運用などの運用支援サービスをご用意しております

サポートサービス

CMSの技術的なサポートや管理の面倒なサーバやドメインの
管理代行サービスをご用意しております。

HOW TO その他のはじめての方へのメニュー

製造業のホームページ制作の料金が気になる ホームページ制作の料金

製造業が成果を出すホームページを制作するために必要な費用の考え方をご紹介いたします。

製造業のホームページ制作の流れが気になる ホームページ制作の流れ

製造業のホームページ制作の流れをご紹介いたします。

製造業のホームページ立上げ後の運営が気になる ホームページの運営

製造業が成果を出すホームページを制作するために必要な費用の考え方をご紹介いたします。

製造業のホームページ制作で よくあるご質問

製造業のホームページ制作の現場でよせられた質問とその回答をご紹介いたします。

上場企業から町工場まで。
キオモノはあらゆる規模と業界のモノづくり企業を支援しています。

上場企業

従業員1,500人の
ドリル製造業

中堅企業

従業員100人の
金属研磨加工会社

中小企業

従業員50人の
産業ホース加工・販売会社

町工場

従業員10人未満の
産業用部品製造会社

CONTACT 無料ご提案・ご相談はこちら

無料でお客様の事務所にご訪問、ヒヤリングのうえ、
ご提案資料とお見積書を提出しております。

専門のWebディレクターがひとつひとつ丁寧にヒヤリングをさせていただき、
適切な解決策をご提案させていただいます。専門用語を羅列したり、
押し売りをするなどといったことはありませんので安心してお申込ください。

受付時間 平日9:30~18:30

03-5981-9333